大崎クールジェン株式会社

English »

会社概要

社長あいさつ

代表取締役社長 相曽 健司
代表取締役社長 相曽 健司

大崎クールジェン株式会社の代表取締役社長を務めております相曽です。

石炭は供給安定性が高く経済性に優れる貴重な1次エネルギー源です。エネルギー自給率が低い我が国では、電源のベストミックスを図るエネルギー政策の基、石炭火力は総発電量の26%(2030年時点)を占める重要なベースロード電源とされています。又、世界に目を向けると、新興国では石炭は経済発展の原動力で、石炭火力が発電電力量の3割以上を占め続けると推定されています。一方、国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)にて世界の気温上昇の目標値が合意され、地球温暖化対策の実効性が問われる状況です。CO2排出の多い石炭火力からCO2排出量を大幅に削減する現実的な対策が喫緊の課題となっています。

当社は、国のクリーンコール政策に則り、革新的低炭素石炭火力発電の実現を目指す目的で、中国電力株式会社と電源開発株式会社の共同出資により設立されました。2010年度から実施した国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究事業での成果を踏まえて、経済産業省の補助事業として「石炭ガス化燃料電池複合発電実証事業」を2012年度より実施しています。実証事業は3段階に分かれ、第1段階はパイロット試験で検証されたガス化設備をスケールアップし、石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)の基盤技術として、「酸素吹石炭ガス化複合発電(IGCC)」の大型設備実証試験を行います。第2段階はCO2分離回収設備を付加したCO2分離・回収型IGCCで、第3段階は燃料電池を付加したシステムで実証事業を推進する計画です。

当社が本実証事業を成功させる事で、この大崎上島を発祥地とする「革新的低炭素技術」が商用設備に適用され、国内展開だけでなく海外へのインフラ輸出を通して地球規模の環境問題に大きく貢献していくと期待されております。

事業の成功に向け全力で取り組む所存ですので、引き続き、皆様方のご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 相曽 健司


会社名
大崎クールジェン株式会社
設立年月日
2009年7月29日
所在地
〒725-0301
広島県豊田郡大崎上島町中野6208番地1
TEL:0846-67-5250(代表)
FAX:0846-67-5251
資本金
4億9,000万円
出資企業
中国電力株式会社、電源開発株式会社
役員
代表取締役社長
相曽 健司
代表取締役副社長
木田 淳志
取締役
木田 一哉
取締役
鈴木 伸介
監査役
岡嶋 彰
監査役
中村 竜彦
事業内容
酸素吹石炭ガス化複合発電技術および二酸化炭素分離回収技術に関する大型実証試験設備の建設および試験の実施
事業工程
2009年8月~2012年11月 環境アセスメント実施
2013年3月~ 建設工事開始
2017年3月~ 実証試験開始

IGCC実証試験発電所 配置計画

ページトップへ