大崎クールジェン株式会社

English »

大崎クールジェンプロジェクトとは

大崎クールジェンプロジェクトは、石炭火力発電から排出されるCO2を大幅に削減させるべく、究極の高効率発電技術であるIGFCとCO2分離・回収を組み合わせた革新的低炭素石炭火力発電の実現を目指す目的で経済産業省の補助事業である「石炭ガス化燃料電池複合発電実証事業」として実施されるものです。

実証事業は3段階に分けて計画され、第1段階ではIGFCの基盤技術である酸素吹石炭ガス化複合発電※実証試験設備を中国電力㈱大崎発電所構内に建設し、平成28年度から実証試験運転を開始する計画です。
第2段階では、第1段階の酸素吹IGCCにCO2分離・回収装置を追設したCO2分離・回収型IGCC実証試験を計画しています。

さらに第3段階として、第2段階の実証試験設備に燃料電池を組み合わせたCO2分離・回収型IGFCの実証を計画しています。

※石炭ガス化複合発電(IGCC:I ntegrated coal Gasification Combined Cycle)

大崎クールジェンプロジェクト
ページトップへ