大崎クールジェン株式会社

English »

PointA PointB PointC PointD PointE PointF

建設記録 / Construction record

26Dec2013

建設現場全景(地上から)

2013/12/26 基礎工事は順調に進捗し、引き続き基礎鉄筋工事、コンクリート打設を行っていきます。今後は、電気室等の建屋工事も開始されます。
26Dec2013

複合発電設備建設サイト(南側)から

2013/12/26 「空気分離設備(ASU)建屋」(左側)は外壁工事が完了し、今後塗装工事等の仕上工事を行います。なお、正面はタービン建屋基礎工事等地中の工事を行っています。
26Dec2013

複合発電設備建設サイト(東側)から

2013/12/26 「空気分離設備(ASU)建屋」(左上)は外壁工事が完了。「複合発電設備」(手前)や「ガス精製設備」(右上)のコンクリート基礎工事が進んでいます。
26Dec2013

石炭ガス化設備建設サイト(東側)から

2013/12/26 「石炭ガス化設備」(右下)は鉄筋コンクリート基礎の配筋工事(骨組み)を行っています。        配筋工事完了後、ブロック分けをしコンクリートを打設していきます。
26Dec2013

煙突から

2013/12/26 基礎工事は順調に進捗し、引き続き基礎鉄筋工事、コンクリート打設を行っていきます。今後は、電気室等の建屋工事も開始されます。
20Dec2013

基礎・建屋工事 着々と進捗!

各サイトではコンクリート基礎工事、建屋工事が順調に進んでいますwrench

「石炭ガス化設備建設サイト」です。基礎および石炭ガス化設備を支えるラップル(置換)コンクリート打設が完了しました。作業員が見えますか? 基礎の巨大さがわかりますね。

1126 ガス化基礎.jpg

支持岩盤まで最も深い場所で約11mの深さをコンクリートに置き換えるなど、強固な地盤を築いています。この上に、更に厚さ約2.5mの鉄筋コンクリート基礎(土台)を築いていきます。12月現在、基礎鉄筋工事の様子です。

1213 ガス化炉最新.jpg

 続いて「複合発電設備建設サイト」です。こちらもコンクリート基礎工事が進んでいます。

1126 タービン建屋基礎.JPG

ここにはガスタービン、蒸気タービンを設置する建屋が建設されます。建物を支える地盤は12mまで掘削し、ラップル(置換)コンクリートを打設していきます。

 「空気分離設備建設サイト」です。10月末に鉄骨の骨組みが完成し、現在は外壁工事中です。

1126 ASU.JPG

「空気分離設備(ASU)」は空気を冷却し、酸素と窒素に分離する設備で、建屋には巨大なコンプレッサー(空気圧縮機)が設置されます。

このため、外壁材には施工、加工が容易で、断熱性、遮音性に優れたALC板(軽量気泡コンクリート)を使用します。

平成26年6月の機械・電気設備着工に向け、土木建築工事は佳境を迎えます。大きく変化する現場のようすを、各地点映像(A~G)でもぜひご覧くださいsign03

1
ページトップへ