大崎クールジェン株式会社

English »

プレスリリース・お知らせ

平成29年4月28日
大崎クールジェン株式会社

環境監視結果(平成28年度)のお知らせ

当社は、平成25年3月1日(金)から酸素吹石炭ガス化複合発電実証試験発電所建設工事を着工し、平成29年3月28日(火)から実証試験を開始しておりますが、工事中および実証試験(運転)開始後における環境への影響につきまして、「酸素吹石炭ガス化複合発電実証試験発電所設置環境影響評価書」に基づき、監視を行うとともに、その結果を毎年取りまとめることとしています。

このたび、平成28年度の環境監視結果を取りまとめましたのでお知らせいたします。 なお、今回の環境監視結果のお知らせから、実証試験の開始に伴って、これまでの工事中の環境監視結果に加え、実証試験開始後のデータを掲載しております。

当社は、今後も環境監視を確実に行い、周辺環境の保全に努めながら実証試験を進めてまいります。

工事中の環境監視結果(平成28年度)

■大気・水環境

項  目 基 準 結果(最大値)
大気環境 工事用車両台数(台/日) 199
騒  音 (dB) 85以下 72
振  動 (dB) 75以下 30未満
水 環 境 浮 遊 物 質 量 (mg/L) 200以下 140

■産業廃棄物

種  類 発生量(t) 処分量(t) 処分方法
汚  泥 776.2 411.5/364.8 有効利用/焼却
廃油(特管産廃含む) 9.2 9.2 有効利用
廃プラスチック類 113.8 78.4/35.4 有効利用/埋立
紙くず 3.9 3.9 有効利用
木くず 312.3 312.3 有効利用
繊維くず 0.4 0.4 有効利用
金属くず 180.2 180.2 有効利用
ガラス・陶磁器くず 410.1 197.4/212.7 有効利用/埋立
コンクリート破片・がれき類 607.9 607.9 有効利用
鉱さい 820.9 820.9 有効利用
特定有害廃棄物 122.6 122.6 有効利用

■動物・植物

種 類 状況
植物 カワヂシャ 移植地に定着していることを確認しました。

実証試験開始後の環境監視結果(平成28年度:平成29年3月28日より実証試験開始)

■大気環境

項  目※1 単 位 基 準 結果(最大値)
硫黄酸化物 濃度 ppm 0.3
㎥N/h 12以下 0.2
窒素酸化物 濃度 ppm 3.0
㎥N/h 12以下 3.3
騒音 (7時~21時) dB 55以下 47
(21時~7時) 50以下 44
振動 (7時~19時) dB 65以下 30未満
(19時~7時) 60以下 30未満

■水環境

項  目※1 単  位 基  準 結果(最大値)
一般排水 排水量 ㎥/日 240以下 189.7
化学的酸素要求量 mg/l 15以下 5.7
窒素含有量 30以下
(日間平均)
2.53
燐含有量 4.5以下
(日間平均)
不検出
温排水 取放水口温度差 7以下 6.3
残留塩素 mg/l 検出されないこと※2 不検出

■産業廃棄物

処分実績なし。

※1 測定頻度の違いにより、3月28日~3月31日の間で未計測の項目については記載しておりません。
※2 「検出されない」については、JIS K0102に基づく定量下限(十分な信頼性を有する値の最小濃度)0.05 mg/l未満を示します。

添付資料

以 上

お問い合わせ先
大崎クールジェン株式会社
総務企画部総務グループ
TEL:0846-67-5250

ページトップへ